buhikun

ブレヒトの戯曲の中でガリレオ・ガリレイはこう訴えかけます。「今こうであるから、こうであってはいけないのだ!」 いつの世も真実を求める者を権力は圧迫してくるようです。 しかし、こうであり続けると、この国は壊死してしまいます。 今なら間に合う。