ノッピー

市民、公の声に耳を貸すこともなく、権力を私物化している安倍政権にはもう耐えられない。 安倍政権は経済の好調を喧伝するが、それさえも、富裕層、輸出企業等一部のものが潤っているに過ぎず、市民には関係のないはなしだ。貧しい子供たちの人数が多少減少したというが、数は減っても貧しさの質は更に悪化している。上部層からのトリクルダウンなど市民を馬鹿にしている政策だ。広い市民層が潤ってはじめてまともな経済政策と言える。安倍政権が得意気に語る経済すら市民、公共の視点はない。 共謀罪の審議中止、お友達をめぐる疑惑への不誠実極まりない対応。全て公を無視するものである。公である政権が公を無視してはもはや言うべき言葉はない。 言うべき言葉はただひとつ、今すぐ退陣だ。 未来のための公共、安倍に公共とは何かを教えてくれ。